短期アルバイトの確定申告

トップ > 求人とお仕事の基礎 > 税金と社会保険 > 短期アルバイトの確定申告

短期アルバイトの確定申告

短期アルバイトで稼いだ年間の収入を計算してみましょう。この時に実際に受け取った金額を合計してはいけません。アルバイト料などの給料からは税金などが引かれている可能性があるので、単純に給与を合計しても正確な年収が計算できないからです。

まずは「源泉徴収表」をもらいましょう。
そのほうが正確に年収が計算できる上、簡単です。
源泉徴収表に記載されている支払い金額の欄の金額が103万円以下の人は、確定申告をすれば、確実に税金が戻ってきます。

税金を取り戻すためには、最寄の税務署へ行きましょう。

確定申告に必要なもの
  • 源泉徴収表
  • 銀行口座の口座番号が確認できるもの
  • 認印

税務署では確定申告書のコーナーが設けられているので、係りの人に自分の源泉徴収表を見せて、確定申告の書き方を聞きましょう。ちなみに税務遺書は3月に入ると込み合うので、年明け早々に行くと手続きがスムーズに行えますよ。

人気のアルバイト・短期アルバイト

日払いアルバイトはこちら >>
短期アルバイトは高時給で魅力的!履歴書なしで何社にでも応募可能です。
深夜アルバイトはこちら >>
副業や空き時間を利用してアルバイトした方に人気です!
急募アルバイトはこちら >>
急募、緊急のバイトは採用率も高く、時給も高いので要チェック!

 < 短期アルバイトでかかる税金 | 短期アルバイトでも社会保険に入れる? > 

求人とお仕事の基礎

税金と社会保険