短期アルバイトでかかる税金

トップ > 求人とお仕事の基礎 > 税金と社会保険 > 短期アルバイトでかかる税金

短期アルバイトでかかる税金

通常のアルバイトや短期アルバイトでも、その給与は課税対象になります。
年間所得が103万円以上になると、所得税の課税対象になります。

稼ぎの多いアルバイトに対しては、「源泉徴収」という形で、あらかじめ税金分を引いてから給料を支給します。例えば、毎月給料が8万7千円以上になるアルバイトに対して、8万7千円を超えた分の10%を天引きされています。
国民年金や国民健康保険などの掛け金は税金の控除対象となります。しかし、源泉徴収される段階では、これらの控除は考えていません。年間の給与が103万円を超える分に対して、10%が天引きされているのです。

源泉徴収されているアルバイトの中には、余分に税金を払っている場合がります。
その場合は確定申告することで、払いすぎた税金分が戻ってきます。

人気のアルバイト・短期アルバイト

日払いアルバイトはこちら >>
短期アルバイトは高時給で魅力的!履歴書なしで何社にでも応募可能です。
深夜アルバイトはこちら >>
副業や空き時間を利用してアルバイトした方に人気です!
急募アルバイトはこちら >>
急募、緊急のバイトは採用率も高く、時給も高いので要チェック!

 < 短期アルバイトの雇用形態 | 短期アルバイトの確定申告 > 

求人とお仕事の基礎

税金と社会保険